« ノベルティ告知 | トップページ | 遠征前に浮上(汗 »

2013年10月22日 (火)

今更ながらリリマジ16お疲れ様でした(汗

20131022はい、タイトルの通りです Σ(;・∀・)
早めに更新する筈がズルズルと1週間過ぎてしまいましたゴメンナサイ(DOGEZA)

ともあれ、当日参加された皆様お疲れ様でした。
新刊とノベルティ用カードも綺麗に刷れてて一安心……と思いきや、新刊の文字が小さすぎたという致命的な欠陥(!)が露呈。
総集編本だと気合い入れて編集と訂正したのに某欠陥戦艦みたいな結果でしょんぼりです(´Д⊂グスン
それでも、当日手にして下さった皆様には感謝です。そして字が小さくて本当にゴメンナサイですm(_ _)m
ノベルティの方も、終了間際での蒐集でフルコンプとはなりませんでしたが皆様の力作を集められて満足です。
主催者様も仰られてましたが、こういう形で普段交流のないサークル様と知り合えるのもいいものです♪

さて、次回のイベント参加は来月の京都の予定ですが……サークル参加受かったのかな?



以下拍手レス。

>松丸大地さん

仮面ライダーウィザード、遂に完結!平成ライダーの集大成ともいえる、最高のフィナーレだったぜ!

そして次回からいよいよ、仮面ライダー戦国時代の幕が開く…!

新番組「仮面ライダー鎧武」いざ出陣!!

魔法の指輪から謎の錠前へ!(何が?


ダイゴ「荒れるぜ、止めてみな!」

アミィ「荒れるわよ、止めてみなさい!」

ソウジ「荒れるよ、止めてみれば!」

ウッチー「荒れるでござる、止めてみよ!」

弥生「荒れます、止めてご覧なさい!」

イアン「荒れるぞ、止めてみやがれ!」

ノッさん「荒れちゃうよ、止めてミロのヴィーナス!」

決め台詞までダジャレを持ち込む安定のノッさんクオリティー(を


キョウリュウジャーのEDにて…。

仮面ライダー鎧武の皆さん、なんて堂々とした宣伝なんだ…w

その潔さ、ブレイブだぜっ!(指パッチン)


ディケイド「通りすがりの仮面ライダーだ、覚えておけ!」

ウィザード「なら俺は、通りすがりの魔法使いだ、覚えておけ!」

クウガ「通りすがりの2000の技を持つ旅人だ!」
アギト「通りすがりの料理人だ!」
龍騎「通りすがりのジャーナリストだ!」
555「通りすがりの夢追い人だ!」
剣「通りすがりの切り札だ!」
響鬼「通りすがりの鬼だ!」
カブト「通りすがりの天の道を往く男だ!」
電王「通りすがりの時を越える電車ライダーだ!」
キバ「通りすがりの人間とファンガイアの架け橋だ!」
W「通りすがりの2人で1人の探偵だ!」
オーズ「通りすがりの欲望の戦士だ!」
フォーゼ「通りすがりの全てのライダーとダチになる男だ!」

全員にパクられましたw


遂にスタート「仮面ライダー鎧武」

平成ライダー15作目の新ヒーローは、色んな意味でフレッシュなフルーツ武将!!

現代という戦国乱世を、4人のライダーが駆け巡る!!

空からオレンジがガブリンチョ!(なんか違うw


一夏「ようやく買えたぜ、DX戦極ドライバー!よっしゃ、早速、変身!」

《オレンジアームズ!花道オンステージ!》

一夏「仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ!」

箒「お、オレンジが空から一夏の頭に!!!」
セ・鈴・シャ・ラ「「「「見てない! 何も見てない!!!」」」」


遂に遂に!始まりました!「IS-インフィニット・ストラトス-2」

ヒロイン達がさらに可愛くなって帰ってきたぞー!!

さてさて、どんな物語になりますことやら!!

新たなヒロイン達や謎の組織も絡んできて、一夏とヒロイン達の明日はどっちだ!


戦極ドライバー「最初に言っておく!胸のフルーツは飾りじゃない!!」

ダブルドライバー「だったら俺も! 最初に言っておく! 胸のガイアメモリは飾りじゃない!!!」(サイクロン! ジョーカー!)

オーズドライバー「胸のコアメダルは飾りじゃない!!!」(タカ! トラ! バッタ!)

フォーゼドライバー「胸のアストロスイッチは飾りじゃない!!!」(3・2・1)

ウィザードライバー「胸の手形は飾りじゃない!!!」(シャバドゥビタッチヘンシーン!)

キバットベルト「胸のキバットバットⅢ世様は飾りじゃないぜ!!!」(ガブリンチョ!)

戦・W・オ・フォ・ウィ「「「「「いやお前がキバット本人(?)だろ! それに擬音が違うっ!!!」」」」」


箒「えぇい、腹立たしい!」

鈴「沁みるわぁ~!」

セシリア「キープスマイリングですわぁ~♪」

シャルロット「ラッキュ~♪」

ラウラ「頭が痛い…」

一夏「この流れだと、もしかして俺が百面神官……」

千冬「お前はゾーリ魔で十分だ! バカ者が!」



「オレンジのロックシードは愛あるしるし!もぎたてフレッシュ、キュア鎧武!」

「ブドウのロックシードは希望のしるし!つみたてフレッシュ、キュア龍玄!」

「バナナのロックシードは祈りのしるし!とれたてフレッシュ、キュアバロン!」

「メロンのロックシードは幸せのしるし!熟れたてフレッシュ、キュア斬月!」

フレッシュ! 仮面ライダー!!!(ヲイw


空蝉丸「仮面ライダー鎧武どの!そなたも侍でござったか!!」

鎧武「いや、俺現代人だってば!」


シャルロット(ドラキュラ)「トリック・オア・トリート♪」

セシリア(魔女)「一夏さん、お菓子をくれなければ―」

鈴音(キョンシー)「あたし達が悪戯するわよ♪」

ラウラ(フランケンシュタイン)「嫁!お菓子だ、お菓子を寄越せ!」

簪(マーメイド)「ラウラ、食欲に負けて真の目的を忘れないで…」

箒(化け猫)「どうだ一夏!私たちのハロウィン仮装は可愛いだろう!」

楯無(海賊)「さあ、誰の仮装が一番可愛いか、答えてちょうだい♪」

一夏「なんだみんな、そんなにお菓子が欲しいのか。待ってろ、ちょっとそこまで買ってくるからな」

全員(更識姉妹除く)「「「「「「こ、コイツは……」」」」」」(怒)


ラウラ「一夏!私もDX戦極ドライバーを買ってきたぞ!これで一緒に鎧武VSバロンごっこだ!変身!」《バナナアームズ!ナイト・オブ・スピアー!》

一夏「おっ、いいねラウラ!なら俺は新しく手に入れたこのパインロックシードで勝負だ!変身!」《パインアームズ!粉砕デストロイ!》


箒・セシ・鈴・シャル『今年もまたライダーごっこの季節かぁ…』

???「そこのお嬢さん方。いいモノあるけど見ていくかい?」

箒・セ・鈴・シャ「「「「誰?」」」」


ヴィヴィオ「なのはママ、ユーノパパ!お菓子をくれなきゃ悪戯しちゃうぞ~♪」

ユーノ「ヴィヴィオになら悪戯されてもいいかな♪ はいお菓子だよ」

なのは「もうユーノ君ってばヴィヴィオに甘いんだから。はい、私からもお菓子だよ」

ヴィヴィオ「とりっくおあとりーと♪」




>駿河大和さん

※パクるぜ、止めてみな!

エリカ「去年の秋、こんな落ち葉の季節だった。仕事で挫折した私の前に、イアンは突然現れて・・・」


ベンチに座り泣き咽ぶエリカ。そこへ・・・

イアン「枯葉の中で泣いてるなんて、エリカには似合わねぇぞ。」

エリカの周りにガーベラを置くイアン。

エリカ「イアン・・・」

イアン「約束する。俺が最後の希望だ。」

\エンゲージ!/

エリカ「こうして、絶望からファントムを生み出しそうになった私を、イアンは救ってくれたのよ・・・」

空蝉丸の脳裏にイアンやダイゴの言葉が過ぎる。

空蝉丸「拙者は、何という愚か者だ・・・!」

エリカ「だからたまには、イアンを嬉し泣きさせたくて、この石を持って日本に来たの。」

空蝉丸「それは、新しい魔法石!」

エリカ「ヨーロッパ中を探して、ようやくドイツで見つけたの。」

空蝉丸「デーボス軍はその情報を手に入れて・・・」

アキダモンネ「その通り!ラッキューロ様は人間界の情報通なのだ。さ、その魔法石は俺が頂く!」

空蝉丸「させぬ!エリカ殿は拙者がお守りせねば!勘違いした償いのためにも!」



晴人「まず皆パクったことを償え!」

ウッチー「イアン殿おおおおおおおおおおおおおおおおおっっっ!!!」

イアン「落ち着けウッチー! 軽いジョークだって!」(←白刃取りしながら)




>炎の勇者さん

仮面ライダーとアニメキャラ達が送る…


シ「ウゾダ…ウゾダドンドコドーン!!」


"笑"撃のスピンオフ劇、開幕!!


ライダー&アニメキャラの、突撃ファッションチェック!!

ミ「そういえばユーノさんって…、下手な女性より綺麗ですよね…。」
ユ「………(ブルブルブル」
ミ「あれ?ユーノさん?」
ユ「女装は…女装はモウイヤダァァァァァァァ!!」
ク「ユーノのトラウマが…」
フ「再燃しちゃったね…。」


ライダーvsアニメキャラの、大運動会!!

シ「そういえばブレイドのキングフォームって、タイムスカラベで時間操作出来るんですよね。滅茶苦茶有利じゃないですか?」
ユ「あー大丈夫。あれただの設定だから。」
シ「設定って何ですか設定って!!」


アニメキャラ達の、ライダー適合!!
ガ「所で、お前ウィザードじゃん。パラディオンにも魔法って応用できるのか?」
シ「出来たよ?剣状態だとスラッシュストライクとかコピーとか出来たし、インフィニティでも使えたし」
ガ「魔法マジ万能」
ユ(アルティメットクウガ)「首をへし折ってあげようかクロノォォォォ!!」
ク(プトティラ)「」←虫の息
ト「ユーノさんの聖なる泉が枯れ果てる寸前だよこれ!!」
シ「呼んだ?」
ガ「いや呼ばれてねぇだろ!!」


バトルファイト(?)、メタ発言、キャラ崩壊、なんでもありのカオス劇!!

シ・ガ「スタート、ナァウ…」←ドヤ顔全開で

某世界の破壊者「……ここが何でもありのカオスな世界か……」

某鳴○「おのれディ○イド! お前の所為でこの世界も破壊されてしまったぞ!」

某ディケ○ド「いや、俺が来る前からとっくに破壊されてるだろコレ」(笑)




>小烏丸さん

 時にリリカル暦 元亀三(一五七二)年…この年、織田家の支配体制を揺るがしかねない或る出来事が発生した


久秀「裏切りこそ、この私の真骨頂というものだよ!無論、私を飼おうとした時点で君も承知の上だったのだろう、信長公?」


信長「お前の裏切りなど予測済みだ、松永!それに、そうでなくては飼い慣らし甲斐が無いというものだ!」 


 信長に恭順した『梟雄』松永久秀が、かつての主家・三好家の再興を名目に挙兵。大和の信貴山城に立て篭もり、織田家に対し反旗を翻したのだ


信長「…とは言ったものの、この状況で奴が背いたのは拙かったな。これでは他の国人衆が奴に触発されて、続々と僕に謀反を起こしかねない。何とか早急に解決しなければ!」

光秀(謀反を起こしておきながら、すぐ城に立て篭もって動かないなんて…。あの男、一体何を企んでいるんだ…!?)


久秀(私が入手したあの情報が事実ならば…信長公、君の命運はまさに風前の、いや嵐の前の灯火なのだよ、クックック…)


 そんな混迷極まる状況の中、或る人物から齎された情報により、僕らは驚くべき真実を知る事となる


信長「―――何…!?それは本当なのか、藤考!?」

藤考「ああ、残念な事に紛れもない事実だよ、信長くん…。僕は何度もお止めしたのだけれど、お聞き入れしてもらえなくてね…」

信長「公方・義昭が、全国の大名に僕の討伐を命じていただと…!?何て事だ、本当の敵は僕らのすぐ傍に居たという事か!!」


 そう…各地の諸大名に決起を促し、信長包囲網を陰から操っていたのは誰であろう、信長によって将軍の座に祭り上げられたあの義昭公だったのだ


義昭「このお手紙は中国の毛利家に、そしてこっちは越後の上杉家に届けて頂戴。…こんな事になってしまって、本当に残念ですわ、信長公…。けれどこれも、全て貴方がいけないのですよ?将軍である私を蔑ろにした貴方が…」

藤長「公方様、申し上げます。…“あの御方”が、遂に公方様からの呼びかけに応じて下さったとの由にございます」

義昭「まあ、それは重畳だわ。うふふ…信長公、貴方の命運もこれまでですよ♪」

 更にあろう事か、義昭公は日ノ本にその名を知らぬ者は居ないであろう、とある大物を動かす事にも成功していた


???「―――これを見て、昌信くん。都におわす公方様から御内書(将軍からの公式な命令書)が届いたんだ」

昌信「『幕府を蔑ろにする逆賊・織田信長を討つべし』、か…。自分を将軍にした男を討たせようだなんて、公方様も中々思い切った事をなさるね。で、君はどうするんだい?」

???「信長くん、今まで私に色々と珍しい贈り物とか送ってくれてたから今後も仲良くしていきたかったけど、それもこれまでみたいだね…。すぐにみんなを集めて評定を開くよ、昌信くん」

昌信「仰せのままに…信玄」


 数多の英傑が群雄割拠するこの乱世に於いて、最も「最強」に近いとされる戦国の二大巨頭のうちの一角―――『甲斐の虎』武田信玄


信玄「みんな、遂に私たち武田家の悲願である上洛を実行に移す時が来たよ!世に仇なす信長くんを倒して、私が天下に号令して泰平の世を実現させてみせるの!!」


 戦を知り尽くした卓越した軍略と百戦錬磨の軍団を擁する猛き虎が、その鋭く研ぎ澄まされた牙を織田家へと剥けたのだった



 魔法戦国奇譚 リリカル本能寺の変

 ―帝王 EMPEROR―

 

 武田家が織田家に敵対の意を示したという事実は、信玄を敵に回すのを何よりも恐れていた信長に大きな衝撃を与えた


信長「ここに来て遂に動くか、信玄!今まであれほど気を遣ってやっていたというのに、まるで外道にも劣るやり方だ!!」

光秀(まさかあの信玄を動かすなんて…!公方様は、本気で僕ら織田家を潰すおつもりなのか!?)


 将軍である義昭公からの誘いを受け、信長討伐という大義名分を得た信玄にとって、それは正しく予てから望んでいた上洛を実行に移す絶好の機会でもあった


信玄「信長くん…あなたはやり過ぎちゃったんだよ。だからもう、私も怒っちゃったからね…。少し、頭冷やそうか…?」

昌信(あの信玄を本気で怒らせちゃうなんてね。織田信長、気の毒だけど君はもうお仕舞いだよ…)
 

 四面楚歌という危機的状況に陥った織田家に、未だかつて無い巨大な脅威が迫ろうとしていた…―――

クロノ信長包囲網の驚くべき黒幕が遂に発覚!
そして信長に、これまでにない最大の脅威が迫ろうとしていた。

――武田なのは信玄(二役)という戦国最強の武人が!

|

« ノベルティ告知 | トップページ | 遠征前に浮上(汗 »

コメント

 職場で新しい仕事を任される様になって早一ヵ月半、漸くコメントをお送り出来る余裕が出て参りました小烏丸です。ヾ(;´Д`A お忙しい中でもきちんとブログ更新をなさっておられるTKさんには、本当に頭が下がる思いです。m(_ _)m

 
 『リリ本能寺』ではかつてこちらでお送りさせて頂いた『リリカル関東三国志』より、『甲斐の虎』なのは信玄公に再登場して頂きました!
 思い返せばユーなの要素入れたさになのはさんを煕子夫人役にしたは良いものの、結果的に出番が激減してしまうという羽目に…。(;ω;) ここは一つ、なのは信玄公にはそんなマイナス部分を吹き飛ばす大活躍をして頂く所存です!詳しくは次回、『三方ヶ原の戦い』編をどうぞお楽しみに!

 そして以下、何となく思いついた小ネタです

氏康「さっすが信玄ちゃんや、あの信長くんがビビりまくってるで!この先には謙信ちゃんも控えとる事やし、私も残る関東三傑の一人としていつでも出演出来るよう準備しとかんとアカンね♪」

氏政「氏康ファータは元亀二(一五七一)年にもう亡くなってるですよ?」

氏康「」

投稿: 小烏丸 | 2013年10月24日 (木) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103882/53690480

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながらリリマジ16お疲れ様でした(汗:

« ノベルティ告知 | トップページ | 遠征前に浮上(汗 »